トップページ » 令和6年能登半島地震支援実施 
Menu
令和6年能登半島地震支援実施
  • 文字サイズ

【令和6年能登半島地震 追加支援決定】(2024.2.8)

被災地へ簡易住宅(インスタントハウス)150万円の追加支援を行いました。
http://instant-house.planet.bindcloud.jp/donation.html
(国立大学法人名古屋工業大学の北川啓介教授研究室HPにて活動動画閲覧可能)
災害後は性犯罪も含め色々な犯罪が増えてきます。それを未然に防ぐ役割もあり、とても重要な支援となります。
今後も、被災された方々の力になれるよう支援を続けて参ります。



【令和6年能登半島地震へ支援を開始】(2024.1.23)

被災地へ簡易住宅(インスタントハウス)120万円の支援を行いました。
国立大学法人名古屋工業大学の北川啓介教授が研究し実用化されたもので、屋内用は小学生一人でも組み立てられる仕組みです。体育館などでプライベート空間もなく集団生活されている方々も多くいらっしゃいます。
今も余震が続く中、少しでも気の休まる空間を提供できればと存じます。
今後も被災地の早期復旧、復興の一助となるよう取り組んでまいります。
(写真:北川啓介研究室ホームページより)

インスタントハウス(屋外用)
インスタントハウス(屋内用)